これぞ日本のお菓子!京都の和菓子


京都府のスイーツといったら何を思い浮かべますか?今回は「和」の象徴となる京都の和菓子を紹介していきたいと思います。和菓子を知れば京都がどんなところかわかるかもしれませんね!

 


【まず和菓子ってなに?】
みなさん、和菓子って知っていますか?日本人なら知ってて当然のことですよね?

和菓子は日本の伝統的製造法で作られた菓子のことをいいます。茶道に添えるお菓子となっているため、甘い砂糖を原料にしてつくられています。和菓子はデザインにもこだわりがあり、「和」をイメージしたものがほとんどとなっています。(例:サクラ・桃・栗

 


【和菓子と洋菓子の違いとは?】
和菓子と洋菓子の大きな違いは原材料です。和菓子の特徴としては動物性の原料があまり使われていないことです。和菓子で乳製品を使うのは一般的ではなく、鶏の卵を少し使う程度となっています。洋菓子は乳製品の原材料を元にして作られたものが多くなっています。乳製品抜きでは洋菓子は作れないといっていいほどであります。これ以外にも和菓子は茶道とともに発展してきたため、美的要素を持っています。対する洋菓子は喫茶に必需品ではありません。そこらへんの違いもあるかもしれませんね。

和菓子

 


【京都にはなぜ和菓子が多いのか?】
前にも話しましたが、和菓子は茶道に添えるお菓子です。茶道が発展したのは鎌倉時代とされており、京都の「宇治製法」が流行ったことがキッカケとなりました。和菓子の発祥地は京都府にあり、さらに細かくいうと宇治製法が完成した宇治市から始まったのです。

 


【京都の人気和菓子教えて~!】
和菓子大国、京都府で人気の「和」のスイーツを紹介します。

<京都伝統の栗スイーツ「栗阿彌」>
「栗阿彌」←これ何と読むかわかりますか?これは「りつあみ」と読みます。京都の方はよくご存知でありますが、栗阿彌は栗を使ったお菓子であります。栗阿彌は大きな栗を厳選して、蜜漬けにしたお菓子であります。上品な甘さの砂糖の食感とが口の中で溶け合います。京都の和菓子ランキングで1位を獲得するほどの人気を誇ります。豊かな自然から採れた栗を味わうなら京都へGO~!

抹茶と和菓子

<京都といえば「宇治抹茶」>
そして、和菓子定番の「宇治抹茶」。一時期抹茶ブームが起こるほどの人気がありましたね。京都といえば抹茶!というように、宇治抹茶は京都の名物として知れ渡っています。和菓子としてももちろん、和菓子の領域を超えて、洋菓子でも抹茶は使われています。最近では抹茶アイスや抹茶クッキーなどもあります。しかし何といっても、「宇治抹茶ぜんざい」ですよね!京都で本場の味を楽しんでください!

 


【和菓子からみる京都府とは?】
このような「和」のスイーツをみてみると、京都府は日本を象徴する文化が発展しているエリアだということがわかりますよね。観光都市としても知られている京都には、日本の重要文化財が多く眠っています。京都に住むと、真の日本人になれるかもしれませんね!日本の文化を学ぶなら京都に移住してみてはどうでしょうか?



働きながら子供を育てたいお母さんに、ご覧いただきたいサイトがございます。当サイトは不動産の総合情報サイト。働くママさんにも役立つ不動産サイトです!日本全国の物件を検索していただけるのは勿論、不動産に関する役立つ情報を豊富に掲載しています。働くママが引っ越し先でまず気になるのは、子供を預けられる保育所があるのかどうか。待機児童が増えていると言われる昨今ですが、都市によっては対策を講じて保育所を充実させている町も増えています。当サイトでは、全国の公立保育所数が多い都市ランキングを掲載しています。働くママはまずはこちらで保育所数が多い都市を確認してから、住む町を決めるというのもいいかもしれません。他にも不動産に関する役立つ情報が満載です。まずはお気軽に当サイトにアクセスしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>